普段起こる頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)は、体調の良し悪しや日頃のストレスなどによって起こることが多く、いつ起こるかなんかのタイミングはわかりません。 しかし、偶発頭痛と言う頭痛は、数年間隔で同じ時間に起こることの多い頭痛の事を指しています。 年間単位で起こる頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)自体が大変めずらしく、世間ではあまり名の知られていない頭痛の種類なのですが、「群発頭痛」とも言われています。 この頭痛は他の頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)と比べて痛みが非常に強く、偶発頭痛が起こると耐えられないほどの激痛を感じるでしょう。 この痛みは出産などの痛みよりもひどいといわれており、目の上あたりに激痛を感じるという人がいる他、頭全体に激痛を感じて痛みに耐えるのが大変だという声も多くあります。 また、前述のように、数年間隔で起こるとてもめずらしい頭痛で、一度偶発頭痛が起こると、最初に起こった時間・間隔などに合わせるかのように、3〜4年間を1つの区切りとして、頭痛が1週間から2、3か月続きます。 このような頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)のことを偶発頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)(別名・群発頭痛)と呼ぶのですー